さいたま市浦和区,ダンス教室,モダンバレエ,モダンダンス,現代舞踊,藤井・上原(旧姓:高野)モダンバレエ研究所

さいたま市浦和区 バレエ教室 藤井・上原(旧姓:高野)モダンバレエ研究所

講師紹介

藤井 利子

  • 1955年研究所設立。1960年藤井公・利子主宰東京創作舞踊団結成。毎年新作発表。
    作品成果により舞踊ペンクラブ賞、文化庁芸術祭優秀賞( 3回 )、舞踊批評家協会賞( 4回 )、
    石井漠賞、江口隆哉賞、ニムラ舞踊賞、舞踊芸術賞、松山バレエ財団芸術賞、県文化奨励賞、
    紫綬褒章、勲四等旭日小綬章を藤井公、藤井公・利子で受けている。
    舞踊界の一線で活躍する多くの弟子を輩出している。(2008年 公没)
    現在、埼玉県舞踊協会名誉会長。

上原 尚美(旧姓:高野)

  • 1980年(社)現代舞踊協会新人賞、1982年 第1回群舞賞、新鋭中堅公演奨励賞、
    1982年 埼玉全国舞踊コンクールモダンダンス部門第一位 橘秋子賞・県知事賞、
    1991年 東京新聞全国舞踊コンクール創作部門第一位 文部大臣賞、2011年 ニムラ舞踊賞受賞。
    1974年より東京創作舞踊団員として藤井公・利子作品のすべてに、ソリストを担って出演。
    リサイタルの他、文化庁助成公演、都助成公演、彩の国芸術劇場主催オープニング公演等に作品発表。
    アルル、パリ、韓国、オーストラリア、タイ、中国、ベネチア、ニューヨーク等で公演活動。
    近年の主な公演活動としては、2015年都民フェスティバル「現代舞踊公演」(東京芸術劇場プレイハウス 2/25、2/26)作品『たくましく生きる』、
    2016年東京新聞主催「現代舞踊展」(メルパルクホール 7/9)作品『窓をあけたら』を発表。
    現在、埼玉県舞踊協会副会長。東京新聞、埼玉県舞踊協会主催全国舞踊コンクールの審査員。